本文へスキップ

筋筋膜性疼痛症候群の改善は江戸川区葛西の整体【銀の手】へ。症状の短期改善に取り組んでいます。

03-6323-8833

筋筋膜性疼痛症候群Myofascial Pain Syndrome

>

筋筋膜性疼痛症候群について


筋筋膜性疼痛症候群とは・・・

筋・筋膜性疼痛症候群(MPS)は、筋肉の炎症が原因となって痛みやしびれを引き起こす病気で、日本では「筋痛症」とも呼ばれることもあります。

重いものを持ったり、長時間の同じ姿勢、筋肉に負担のかかる姿勢で負荷をかけると、筋肉に僅かですが損傷が発生します。いわゆる筋肉痛の状態です。通常、筋肉痛というと、一般的に数日程度で痛みがおさまるものですから、軽く考えてしまいがちです。その為、さらに繰り返し筋肉に負荷をかけ続けたり、心身のストレスによって自律神経のバランスを崩してしまったり、冷え、などで血行の悪い状態を作ると、その部分が痙攣状態になり短期間で自己回復できなくなります。この状態が筋・筋膜性疼痛症候群(MPS)になった状態です。

脊柱管狭窄症と症状が似ていることから、誤診されやすい疾患でもあります。

筋・筋膜性疼痛症候群のしこりは、酷いものだと手などで圧迫しただけで激痛を感じるようになります。さらに、痛みはしこり以外にも関連痛として広範囲に広がるというのが筋・筋膜性疼痛症候群の特徴です。筋・筋膜性疼痛症候群は、筋肉の中にしこりが出来て、激痛の発生源となっています。筋・筋膜性疼痛症候群は、しこりのことを「トリガーポイント」と名付けています。下半身や背中に強い痛みがあり、脊柱管狭窄症か椎間板ヘルニアを疑ってレントゲンをとっても、腰椎周辺に異常が見られず、しばらく痛み止めなどで対処していたら、実は筋・筋膜性疼痛症候群だったという症例が日本でも増えています。

この病気は1980年代にアメリカで『Travell & Simons' Myofascial Pain and Dysfunction: The Trigger Point Manual (筋筋膜性疼痛と機能障害: トリガーポイントマニュアル)』という医学書にて発表され、診断基準が発表されたのは1990年のことです。

したがって、国内での認知度はまだ低いという面がありますが、『JMPS筋・筋膜性疼痛症候群(MPS)研究会』が発足し、筋・筋膜性疼痛症候群(MPS)に精通している医師も少しずつ増えてきています。原因のつかめない腰痛や背中などの痛みで悩んでいる方は、筋・筋膜性疼痛症候群を疑ってみる必要があるのですが、筋・膜性疼痛症候群(MPS)であるかどうかを知るためには、筋・筋膜性疼痛症候群の診断、治療を行っている医療機関で診断をしてもらう事が必要です。

患者の多くは診断されるまで、何箇所もの医療機関を何年にもわたってまわり続けることになってしまうのです。原因はまだ未解明です。アメリカでは、中枢神経の異常によって痛みの回路が変わり痛みを増幅させているのではないか?と考える専門家もいるようです。




症状は・・・

筋・筋膜痛症候群の方は「肩か腰」の一箇所に凝りや痛みを訴える方が多いです。症状の重い方は「肩と腰の両方が痛い」とか「背中が痛い」という訴えが多いです。

この疾患は検査(MRI・血液検査)では異常が出ませんが、痛みや凝りが強く慢性的に苦しんでいる人が多いのは事実です。

日常では午後から夜にかけて「肩や腰が重い感じがする」「体が疲れやすい」というような疲労性の訴えと合わせて、痛みを感じ始めると「持続的な鈍い痛み」を感じる人が多いようです。症状の重い方では、痛みにより睡眠が取れない→眠れないから翌日などは痛みが増す→倦怠感・仕事への集中力低下(ボーとしている時間が増える)→持続的な痛みでイライラする→また今夜も痛みで眠れないという悪循環を経過する方が多いようです。

持続的な鈍い痛みであり、仕事中や夕方の家事(炊事など)では痛みにより動くことができないということはなく、本人が痛みを訴えても他者からは「そのくらい大した事は無い」という見方をされることは多いようです。このような慢性痛は他者の理解が得られにくい疾患であることも本人を苦しめる一要因になっているようです。

睡眠は身体的・精神的疲労を軽減されるため、睡眠により症状が軽減されるために朝は調子がいいという人が多く、平日の疲労の蓄積により「動くと疲れる・痛みが増す」ということから日曜などは寝て過ごすという人も多いようです。この様に持続的な痛みや疲労・睡眠不足・他者(家族も含めて)からの理解が少ない方では、軽度のうつ症状が出てきています。個々により症状の差はありますが、全ての人に疲れやすい・痛みが出やすいという状況には変わりありません。

また、痛みの部位が移動したり、天候によって痛みの強さが変わったりすることもあるようです。




治療は・・・

医療機関では一般的に、筋・筋膜性疼痛症候群は、筋肉の痙攣部位に局部麻酔注射「トリガーポイントブロック注射」をするとにより、一時的ではありますが、筋肉の痙攣を解き、血流を改善する方法で治療を行います。

『銀の手』では、身体のあちこちに慢性のコリができているに過ぎないと考えています。慢性のコリや痛みの原因は、元をたどれば生活習慣です。「息、食、動、想」の自己管理と環境に原因があります。それらの生活習慣の不調和をなくしていくことが大切だと考えています。

また、脳脊髄液減少症により筋・筋膜性疼痛症候群を引き起こすケースも非常に多くあります。脳脊髄液減少症は硬膜が損傷し、膜に穴が開いている状態ですので、穴を塞がない限り液は漏れてしまいます。穴を塞ぐのは病院での治療の範疇になります。

『銀の手』では脳脊髄液をスムーズに循環させることで改善または状態の維持を目指しています。







江戸川区葛西の整体院『銀の手』の住所・電話番号

〒134-0083
東京都江戸川区中葛西 3-1-13
TEL & FAX: 03-6323-8833